ブログ

トップページ > ブログ

2012年5月23日

入浴後のケアが肌水分量に重要!

Posted time: 08:55


2012.5.23.jpg

一日分の疲れを癒す為の入浴。

 

実は、入浴前と入浴後では、お肌の水分量に多くの変化があるということをご存知でしょうか。

 

お肌の角質層には肌本来の潤いを保つ成分としてNMF(天然保湿因子)という成分がございます。

 

このNMFが角質の外に出ることが、お肌が乾燥してしまう原因の1つになります。

 

では、どのような事をしたらNMFが角質の外に出てしまうのでしょうか?

 

 

(1)体を洗う際のタオルやボディブラシなどによる摩擦刺激

 

体を洗う際に角質の表面が傷つくとお肌のバリア昨日が破壊されNMFが溶けやすくなり、お肌の水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。

 

(2)入浴による膨張

 

お湯につかることによって、角質は水分を含んで膨張し、普段は隙間無く並んでいた角質の間に隙間ができてしまい、NMFが溶け出してしまうので、お肌の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

 

 

上記のことが原因となり、肌の乾燥は入浴後は急激に進みます。

 

そのため、すぐに保湿を行う事が大切になります。

 

更に、お肌は入浴後など温まった後につける化粧品は、大変吸収力が高い状態となります。

 

ということは、ここで使用する化粧品がポイントとなります。

 

合成界面活性剤やシリコンが配合されている化粧品ではなく、こういった有害な成分が配合されていない"稟"オールインワンゲルにてフェイスだけでなく、乾燥中のお肌へ保湿を行うことがおススメです。



↑PAGE TOP

2012年5月 9日

紫外線対策は、紫外線対策成分で!

Posted time: 08:55


シミ・シワの大敵、紫外線が気になる季節となって参りました。

 

まず、紫外線についてご説明します。

 

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことです。

 

太陽光線は、大きく3つにわけて、紫外線、赤外線、可視光線があります。

 

このうち、紫外線の波長は約200nm~380nm(ナノメーター。1mの10億分の1の長さ)、可視光線が380nm~760nm、最も長い赤外線が760nm以上です。

 

可視光線は地上に光を、赤外線は熱を送っています。

 

紫外線は、さらにUV-AUV-BUV-Cの3種類に分けられます。

 

このうち、UV-Cと呼ばれる最も有害な紫外線は、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため、地球上には届きません。

 

UV-Aは太陽が最も高くなる5月に最も多くなります。

 

しかし、最も少ない冬の時期においても、UV-Aは2分の1にしかならず、実は、年間を通して紫外線対策をする必要があります。

 

また、UV-Bはオゾン量が最も減る8月頃に最も多くなります。

 

 

皆様は、紫外線の対策をされていらっしゃいますか?

 

紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことが一番ですが、それは不可能に近いですよね。

 

そのため、UVケアの化粧品、帽子や手袋、サングラス、日傘など、紫外線対策には様々な方法がとられます。

 

長袖を着るという方法をとる方もいらっしゃるようですが、通常の繊維は、紫外線を通してしまいますので、UVカット加工が施された長袖を着用されてくださいね。

 

 

また、基礎化粧品などでも、紫外線による被害から肌を守ることができます。

 

代表的な成分としては、フラーレン・フルボ酸・レスベラトロールなどがございます。

 

ぜひ、基礎化粧品を選ぶ際にも、これらの成分が配合されているものを積極低に活用しましょう。

 

 


↑PAGE TOP

2012年5月 2日

糖化を防ぐ日本の力!

Posted time: 08:55


肌の老化の原因には、紫外線、酸化、乾燥などありますが、近年「糖化」に注目が集まっています。

 

糖化とは・・・

 

肌を構成しているタンパク質は、食事で体内に取り込んだ糖分(グルコース)と結びつくことで、硬くなり、塊になっていきます。

 

肌のタンパク質には、コラーゲンやエラスチンがあります。

 

肌の内部で糖化したタンパク質は弾力を失って、褐色化してしまいます。

 

そのため、肌に「シミ」や「くすみ」が出てきてしまうのです。

 

これが「肌の糖化」という老化現象です。

 

主な原因は、糖質の取り過ぎです。

 

このことから、「肌の糖化」は血糖値の高い人に多く見られます。

 

肌の内部のコラーゲンやエラスチンが糖質と反応すると、AGEs(Advanced glycation end products)という物質ができます。

 

これは加齢と共に増加し、蓄積されていきます。

 

コラーゲンなどは代謝のサイクルが遅いタンパク質なので、特に蓄積が多くなると考えられます。

 

2012.5.2.jpg

 

この糖化は、食生活での予防もできますが、スキンケアでも予防が可能です。

 

糖化に有効なのが、日本が誇る「桜の花」です。

 

実は、桜の花のエキスには、糖化の原因物質AGEsの産生を抑制することが確認されているのです。

 

日本の力で肌の糖化を予防しましょう!




↑PAGE TOP

2012年4月25日

抜け毛をシャンプーで減らす!

Posted time: 08:55


薄毛の悩み、男性特有のものと思われていましたが、近年多くの女性がその悩みを抱えています。

 

"稟"シャンプー、"稟"コンディショナーをご利用いただいている方々から、こういった悩みを持たれる方からも嬉しいお声をいただいております。



 

女性の薄毛の原因には、ホルモンバランスの崩れ、生活習慣の乱れ、ストレスなどが一般的に言われている原因ですが、このことに加え、大きな原因として挙げられるものに「血流」「シリコン」があります。

 

まず、血流について。

薄毛の方には、冷え性(血流が悪い)の方が多い傾向があります。そのため、血流を促進してあげることが重要。

そのためには、もちろん生活習慣の改善が一番なのですが、シャンプーでもできることがあります。

それは、マッサージです。

洗髪する際は、こするように洗うのではなく、揉むように洗います。

そうすることで、血流を促進することができますよ。

そして、一般的なシャンプーに配合されている合成界面活性剤は、毛根から血管にも進入していきますので、ぜひ合成界面活性剤が配合されていないものを使用してください。

 

続いて、シリコンについて。

シリコンというのは、髪につやを出すために、強制的にコーティングをしているものです。

このコーティングによって、毛髪だけでなく、毛穴まで塞がれてしまうことに。

このことにより、不要な皮脂などが毛穴につまり、髪の発育を阻害してしまいます。

シリコンは、薄毛の原因になるだけでなく、髪質も悪化させるため、避けたいものです。

 

合成界面活性剤、シリコンが含まれていないシャンプーで、頭皮を揉むように洗髪すれば、排水溝を覗くのが楽しみになりますよ!




↑PAGE TOP

2012年4月18日

スモーカーズフェイス

Posted time: 08:55


スモーカーズフェイスという言葉をご存知でしょうか。

これは、タバコを吸っている人特有の顔という意味です。



スモーカーズフェイス 2012.4.18.jpg

(タバコを10年間吸い続けた場合のイメージ写真) 


タバコを吸っている人は、顔が黒ずんでいたり、目の下にクマが出来ていたり、ちりめんジワがあったり・・・

という特徴があります。

 

では、タバコを吸うと、なぜこのような変化が起こってしまうのでしょうか。

 

タバコには数百種類の有害な化学物質が含まれています。

その化学物質は、血液中に入ると、血管の内皮細胞を傷つけてしまうのです。

その結果、動脈硬化が進行します。

 

その時、私たちの体は、この状況を防ごうと、動脈硬化を分解させるための酵素「エラスターゼ」を放出します。

 

ただし、このエラスターゼは、動脈硬化だけではなく、エラスチンという肌のハリや弾力を担っている物質までも溶かしてしまうのです。

 

エラスチンが溶かされてしまうと、肌はどんどん老化してしまいます。

 

エラスチンは、肌以外にも豊富に含まれている臓器があります。

それは、タバコと関連が深い「肺」です。

 

肺のエラスチンが失われてしまうと、肺の弾力がなくなり、息がしづらくなってしまいます。

そして、その結果、肺気腫という病気になってしまうのです。

肺気腫は、治癒が困難な病気として知られています。

 

ぜひお肌のためにも、健康のためにも禁煙をしましょう!




↑PAGE TOP


2012.4.7(土)、愛知県名古屋市の日本ガイシフォーラムにて、ハートリークリニック新宿の服部達也院長を特別講師に招き、「"稟"ビューティーセミナー」を開催させていただきました。



2012.4.7.1.JPG


 

まずは、3名様よりビューティー体験の発表をいただきました。

 


2012.4.7.2.JPG

≪ 勇川みな子 様 ≫



2012.4.7.3.JPG

≪ 山口秀樹 様 ≫


 

2012.4.7.4.JPG

≪ 木村正道 様 ≫




発表いただきました3名の皆様、素敵なビューティー体験を、ありがとうございました。


続きまして、企画部の宇田川より、商品のご案内を化粧品に不要とされる物質の説明を中心にさせていただきました。



2012.4.7.5.JPG

 

2012.4.7.6.JPG



続いては、メインイベントであります、服部先生の「ドクタービューティーセミナー」です。



2012.4.7.7.JPG

 


東京、大阪に続き、本日も大変参考になるお話をいただきました。



2012.4.7.8.JPG


2012.4.7.9.JPG


  

クリニックのスタッフの方にも"稟"シリーズが大好評のようです。


体験を発表いただいた山口様は、"稟"オールインワンゲルでマッサージをされ、とても良いと仰っていたことに対して、服部先生も配合されている成分から考えても、マッサージに使用することも充分意味があると思います、と仰っていました。



2012.4.7.10.JPG

 

2012.4.7.11.JPG



そして、一旦終了させていただき、企画部の倉谷よりプログラムセミナーを開催させいていただきました。


ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。




↑PAGE TOP

2012年4月11日

フラーレンで透き通る白い肌を!

Posted time: 08:55


前回のEGFに引き続き、ノーベル賞受賞美容成分(1996年・ノーベル化学賞を受賞)であります「フラーレン」についての情報をお届けさせていただきます。

 

 

◆フラーレンの働き

 

・ビタミンCの125倍もの抗酸化作用

(活性酸素除去作用)

 

・美白作用

(メラニンの生成を抑制する効果)

 

・コラーゲン生成促進作用

 

 

活性酸素とは?

 

酸素が、体内に入りエネルギーを作るときに出来る副産物が活性酸素です。

 

例えばリンゴは酸化すると色が茶色っぽく変化しますが、人間も同じように酸化してます。

 

呼吸するたびに活性酸素を作り出していますが、外部刺激やストレスなどで体内のバランスが崩れることも、より多くの活性酸素を作り出す原因です。

 

活性酸素は細胞を傷つけ酸化させます。

 

つまり、活性酸素は老化の原因となるのです。

 

肌トラブル(シミ・シワ)やガン、生活習慣病などの病気を引き起こす原因とも言われています。

 

ビタミンCなどは、一度働くと、その機能性はなくなってしまうのですが、フラーレンは、働いても働いてもその機能性を発揮し続けてくれることが特徴です(活性酸素を次々に除去してくれるということです)。

 

 

フラーレンは、これまで約3万もの論文と約3千件近い特許も認可されているそうです。

 

フラーレンの優れた機能性と安全性が、論文や特許によって実証されています。

 

フラーレンの安全性は、1993年~1995年に実施された文部省重点領域研究の結果などで、水不溶性のため急性毒性など重篤な影響がないことが報告されています。

 

 

EGFは、ターンオーバーを促進し、若々しい肌を作り上げる成分。

 

フラーレンは、優れた抗酸化能力と美白を手に入れることが出来る成分。

 

化粧品を選ぶ際、この2つの成分は欠かせませんね!




↑PAGE TOP

<<前の7件  1234567