ブログ

トップページ > ブログ

2012年11月 7日

冬の乾燥対策ケア

Posted time: 08:55

 

お肌が乾燥する季節になってきましたね。

 

そもそもなぜ、お肌は乾燥してしまうのでしょうか?

 

その原因を考えながら、乾燥対策を見つけていきましょう。

 

 

肌は常に外部からの刺激にさらされています。

 

肌にはこれらの刺激から肌を保護するバリア機能があり、肌の健康は保たれ、潤いを維持しています。

 

しかし、冬の季節は特にこのバリア機能が低下してしまう原因が沢山あります。

 

 

冬は一年を通して一番乾燥する季節ですが、更にオフィスやご家庭で使用する暖房によって、もっと乾燥が進んでしまいます。

 

乾燥によって、バリア機能が低下してしまいます。

 

また、冬は気温が下がって汗をかく機会が減る為、汗と皮脂が混ざり合って出来る天然の保湿クリームである「皮脂膜」が作られにくくなるのです。

 

寒いからといって家事や洗顔をお湯で行ったり、お風呂にじっくり浸かってしまうという、ちょっとした日常生活の行動が肌の潤いを保つ皮脂膜を奪う原因となり、肌はさらにバリア機能を低下させてしまいます。

 

 

乾燥を放置していると、最初は白い粉がふいたような状態になりカサカサしてきます(乾皮症:カンピショウ)。

 

乾皮症になると肌表面にある角質層が乾燥によってはがれ、バリア機能が低下することで、洗剤やアレルゲンが侵入しやすくなる為、痒みが生じやすくなります。

 

そうすると、かゆいから掻く→バリア機能が低下する→ちょっとした刺激にも敏感になり、さらに炎症が起きてかゆみが強くなるという悪循環を起こし最悪炎症を起こしてしまいます。

 

最悪の状態を防ぐ為に、少しカサカサし始めたら、粉をふく前に、"稟"オールインワンゲルで潤いを保ちましょう!

 



↑PAGE TOP

2012年10月24日

"稟"ハンドマッサージ

Posted time: 08:55

 

一雨毎に肌寒さを感じるようになり、水仕事をされる方や主婦の方は「ちょっと水が冷たいな」と感じられたり、「手がカサカサしてきたかも・・・」と感じてしまう季節が近づいてきました。

 

水が冷たいとついつい暖かいお湯で洗い物などしてしまいがちですが、暖かいお湯は手の水分を奪ってしまい、また洗剤などを使われると手に必要な油分まで奪われてしまいます。

 

これからの季節は手の乾燥が気になる季節です。

 

 

また、女性に多い冷え性も多くなってきますよね。

 

そこで、お風呂上りや水仕事の後に出来る乾燥と冷え解消のハンドマッサージのご紹介をさせて頂きます。

 

マッサージを行う前に、手のストレッチをおこない血行を促進します。

 

 

≪ストレッチ≫

 

(1)胸の前で手のひらを合わせ、指を手の甲の方へ押し、筋を伸ばします。少し痛いくらいが適度です。

 

(2)指をクロスさせ片方の手首を上に伸ばし、もう片方の手を手のひら側に倒すように押します。(左右それぞれ行います。)

 

(3)クロスした両手を、手首だけでぐるぐると回して指をリラックスさせます。

 

(4)クロスした指と手をひっくり返して伸ばします。指先まで血のめぐりを良くします。

 

いかがですか?

 

少し手がポカポカしてきませんか?

 

続きまして、マッサージになります。

 

 

≪マッサージ≫

 

(1)"稟"オールインワンゲルを適量手に取り、手全体に円を描くようにさすります。

 

(2)指の側面を反対の手ではさんで掌の方へさすり、上下をはさんで指先へ戻り最後は、指先を圧迫します。

 

(3)指を上下にはさみ、らせんを描きながら掌方向へもみ、側面をはさんで指先へ戻り、爪の根元を圧迫します。

 

(4)手の甲の骨の間を手首に向かってさすります。

 

(5)手のひら全体に円を描くようにさすります。

 

(6)手全体をストレッチします。

 

 

いかがでしょうか?

 

爪の周りが特にカサカサになっている場合などは集中的に指先だけのケアもオススメです。

 

是非、乾燥と冷え対策に"稟"オールインワンゲルをご利用いただき乾燥のこの時期を乗り切りましょう!




↑PAGE TOP

2012年10月17日

お風呂で綺麗に!

Posted time: 08:55


最近は朝晩が冷え込むようになってきてお風呂の時間が夏場よりも長くなる方が多いと思います。

 

そこで、お風呂の中で温まりながら体の中から綺麗になれるリンパマッサージをご紹介させて頂きます。

 

今回は、フェイスからデコルテにかけてのマッサージのご紹介です。

 

 

(1)鎖骨の上部のくぼみを外側から体の中心に沿ってさすります。

 

逆に鎖骨下部は、中心から腋窩リンパ節に向かって体の外へさすります。

反対側の鎖骨も同様に行ってください。

 

(2)耳の下から首の横に手のひらを当て、頭を手のひら側に倒します。

 

息を吐きながら頭の重みで首のリンパのあたりを押します(約10秒)。

頭を戻すときはゆっくり息を吸いながら約10秒かけて戻してください。

 

(3)耳の下から肩先に向かって、4本の指の腹を使ってさすります。

 

さらに耳の下から鎖骨のくぼみに沿って体の中心側へ向けてさすります。

反対側も同様に行ってください。

 

(4)あごの下から頬にかけて4本の指でやさしくさすり上げ、同様に、鼻の横あたりから頬にかけてさすります。

 

さらにおでこから頬へ向かってさすります。

 

(1)~(4)をそれぞれ5回×5セット行ってみてください。

 

 

お風呂の中で体が温まった状態で行うと、血行が良いので効果が高まりリンパの流れがとても良くなります。

 

また、リンパの流れが良くなるという事は体の中の代謝も上がります。

 

代謝が上がるとお肌の再構築もスムーズに行われますので、マッサージ後にフェイスからデコルテまでなじませ、ぜひ栄養素たっぷりの基礎化粧品を使用し、お肌を手に入れましょう!



↑PAGE TOP

2012年10月10日

旅行中の乾燥肌対策

Posted time: 08:55

 

皆様は、ご旅行中やご出張中にいつもよりも肌が乾燥された経験はございませんか?

 

肌の状態は、環境の様々な変化により変わります。

 

・前日からウキウキして、あまり眠れなかった(睡眠不足)。

 

・このところ仕事が忙しくて、疲れが抜けていない(疲労)。

 

・旅行中にはつい便秘がちになる(便秘)。

 

こういったことももちろんございますが、「お風呂」も大きな要因となっています。

 

 

ホテルや旅館に置いてある「シャンプー」「コンディショナー」「ボディソープ」は、原材料表示がないものも多いかもしれませんが、「界面活性剤」や「シリコン」「エタノール」などが含まれている場合が多いようです。

 

いつもは、肌や髪にやさしい商品を使用され調子が良い方は、特に状態の変化(特に乾燥)を感じるのではないでしょうか。

 

日頃、ケアをしっかりされているのであれば、ご旅行中やご出張にもお肌に優しいものを使用したいですよね。

 

 

ぜひ、お肌に優しい「"稟"シャンプー」「"稟"コンディショナー」「"稟"洗顔石鹸」を小さなボトルに入れるなど携帯され、ご旅行中、ご出張中の乾燥肌対策をされてください。

 

 


↑PAGE TOP

2012年10月 3日

"パチッ!" 髪の静電気

Posted time: 08:55


秋らしい気候となり、とても過ごしやすくなってまいりましたね。

 

今はまだ気にならないかもしれませんが、これから段々と冬に向かって空気が乾燥してくると気になる「静電気」と髪の毛についての情報をお伝えいたします。

 

 

何かに触れようとした際に「パチッ!」と起きる静電気は空気中の湿度と関係しています。

 

空気中や身体の表面の水分量が高いと静電気をすばやく分散する事ができるので静電気は発生しづらいのですが、空気も身体も乾燥をしていると静電気の発生する確立が高くなります。

 

また、髪の静電気も乾燥が関係していますが、他にも原因があります。

 

それは、頭皮の保護膜が不足していることによるものです。

 

頭皮の保護膜は、毎日のシャンプーに深い関係があります。

 

合成界面活性剤を配合したシャンプーで洗うと、皮脂と汗によって作られている頭皮の保護膜は不足してしまいます。

 

 

また、ドライヤーを使って髪を乾かす際、ドライヤーを近づけすぎて高熱を送ってしまうと乾燥もプラスされ髪の静電気が起きやすくなってしまいます。

 

ドライヤーの際のブラッシングは、静電気が発生しづらい素材のものを使用し、ゆっくりブラッシングすると静電気の防止が可能です。

 

 

合成界面活性剤を配合しない"稟"シャンプー、"稟"コンディショナーで頭皮の保護膜を守り、乾燥シーズンも髪を静電気から守りましょう。



↑PAGE TOP

2012年9月26日

桜は目に美しく、お肌も美しく

Posted time: 08:55


日本の花「桜」。

 

この桜、桜は花見で鑑賞するだけではなく、葉っぱの成分が美容にも素晴らしい効能をもたらしてくれるということをご存知でしょうか。

 

桜の葉には、イソフラボンのプルネチン、その配糖体のプルネトリン、フラボノイドのイソクエルシトリン、およびクマリン配糖体のメリロートサイドなどの成分が含まれています。

 

 

≪主な作用≫

 

(1)肌荒れ改善作用

肌荒れ防止および、肌荒れによる炎症を抑制する作用があります。

滑らかなお肌へ導きます。

 

(2)抗炎症作用

ヒスタミン遊離抑制作用、接触皮膚炎抑制作用などの抗炎症作用があります。

敏感肌からお肌を守ります。

 

(3)美白作用

メラニン抑制作用が認められています。

白く美しいお肌へ導きます。

 

 

日本の花「桜」は、目に美しく、そしてお肌も美しく!




↑PAGE TOP

2012年9月19日

吹き出物と内臓の状態

Posted time: 08:55


お肌は内臓の鏡と言われ、吹出物と内臓の状態には深い関係があります。

 

吹き出物が出る場所によって、どこの臓器の機能が低下しているかの確認の目安になります。

 

 

◆フェイスラインの吹出物

 

※腎臓

 

あごの吹出物はお腎臓が冷えて、機能が低下している可能性があります。

また、婦人科系の病気もあごでサインが出ます。

 

 

◆ほっぺにできる吹出物

 

※ストレス

 

頬は、肝臓の状態を表します。

肝臓はストレスにとても弱い臓器です。

 

 

◆鼻、口のあたりにできる吹出物

 

※胃腸

 

胃腸が疲れていると、鼻や口に現われます。

暑い時期に冷たいものを多く摂取したり、食べ過ぎたり、脂肪分の多い食事、繊維質の少ない食事を摂るなどが原因となり、胃腸の機能は低下します。

 

 

◆おでこにできる吹出物

 

※皮脂過剰、心臓

 

思春期に多い、皮脂過剰、そして心臓の機能が低下している時にはおでこに現われます。

 

 

化粧品でのお肌のケアは大切ですが、食生活や睡眠をしっかり摂るなど、内臓のケアも美容にはとても大切なポイントとなります。

 

体の中からも美しくなりましょう!



↑PAGE TOP

<<前の7件  1234567