ブログ

トップページ > ブログ


近年、安心・安全志向の高まりから、化粧品業界にもナチュラルコスメや無添加化粧品なるものが多く登場するようになりました。

 

ただ、これらの化粧品は、定義が曖昧で、メーカーにその責任が委ねられているというのが現実であり、全てが安全であるということは決していえないのです。

 

パラベンという保存料が無添加というだけで、無添加化粧品と呼んでいるようなものもあるようです。

 

そのため、ナチュラル化粧品や無添加化粧品を使用して、肌がかぶれたり、痒みが出たりすることもあるのです。

 

一見、安全なように思われる商品にも落とし穴がある場合もありますので、十分ご注意ください。

 

 

今のところ、安心・安全を見極めるポイントは、パッケージの成分名を見るしかございません

(現在、化粧品は「全成分表示」という決まりがあり、全ての成分を記載する義務がございます)。

 

どうしてもテレビCMや雑誌の広告などを信用してしまいがちですが、本当の美を求めるのであれば、ぜひ成分を見て、商品を選ぶようにされてくださいね。

 

 

"稟"シリーズは、合成界面活性剤、シリコン、鉱物油、着色料、香料、エタノール、パラベン、旧表示指定成分を一切配合しない、安心・安全の本物の化粧品シリーズです。




↑PAGE TOP

« 次の記事へ   ブログトップページへ   前の記事へ »