ブログ

トップページ > ブログ

2012年11月14日

毛穴の大きさは変わるのか?

Posted time: 08:55


毛穴とは、汗や皮脂を分泌する穴をさします。

 

皆様は今までに、「毛穴が広がった」や「毛穴が目だってきた」という言葉を少なからず聞いたり使われたことがあるかと思います。

 

しかし、毛穴の大きさは生まれつき変わらず、毛穴が大きく感じる方は毛穴が開きっぱなしになっているからなのです。

 

毛穴は元々、必要な時に開き、必要で無い時には閉じるのですが、毛穴のコントロールが上手く出来ていないと毛穴が開きっぱなしになってしまいます。

 

また、肌がたるんでくると元々閉じていた毛穴が広がって見えてしまいます。

 

逆に、毛穴を引き締めれば毛穴そのものが小さくなると思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、毛穴自体は小さくはならず、目立ちにくくなるのです。

 

出来れば、毛穴は目立たないほうが良いですよね。

 

 

★毛穴が開きっぱなしになる原因

 

(1)肌・毛穴の汚れが落ちていない

 

(2)肌が乾燥している

 

(3)にきびや角栓を指で押し出している

 

他にも様々な原因がありますが、主に上記に上げたものが多くあります。

 

では、目立たなくするにはどのようにしたら良いのでしょうか。

 

 

★毛穴対策

 

それは、洗顔と保湿です。

 

にきびは毛穴に溜まった汚れが炎症を起こしてしまいます。

 

また、角栓は皮脂と古い角質により作られます。

 

そのため、毛穴を目立たなくさせる為には、洗顔によりお肌を清潔に保つことが必要となります。

 

ごしごし洗う洗顔ではなく泡で優しく毛穴の中を洗うイメージで洗顔を行ってください。

 

 

肌に刺激を与えず、優しくしっかりと洗顔できる"稟"洗顔石鹸にて洗顔し、余計なものが一切含まれていない"稟"オールインワンゲルにて、しっかり保湿をおこない、毛穴対策をしましょう!

 



↑PAGE TOP

« 次の記事へ   ブログトップページへ   前の記事へ »