ブログ

トップページ > ブログ
2012年11月の記事一覧

2012年11月28日

ムダ毛処理後のケアを!

Posted time: 08:55


美容のため、ムダ毛処理をされる方のためのアフターケアについてご紹介いたします。

 

実は、ムダ毛処理は、処理の仕方によってお肌にとって、大きなダメージを与えている場合があります。

 

処理の方法には、電気シェーバーやカミソリなどがございますが、電気シェーバーは肌にあまりダメージを与えないといわれておりますが、刃の状態や使い方で深剃りをし、肌にダメージを与えることがあります。

 

また、カミソリは電気シェーバーより肌ダメージが大きくなります。

 

カミソリは手軽に、そして安価に処理ができる方法ですが、毛と一緒に皮脂や角質を削り取ってしまい、肌をガードしているバリア機能を破壊してしまっているのです。

 

バリア機能を破壊し続けると、体がもっと皮膚を守ろうとしてだんだんと皮膚が固くなりゴワゴワしてしまいます。

 

また、お肌の状態がカサカサになったり、毛穴が開いて色素沈着が進み肌がくすんで見えてしまう場合もございます。

 

更に、苔癬化(角化して苔が生えたような状態)してしまう場合もあります。

 

そのため、ムダ毛処理の後には、充分なケアが必要です。

 

充分に保湿を行い、カサカサやゴワゴワなお肌の状態をできるだけ避けてバリア機能をケアしてあげたいですよね。

 

ただ、市販のケア剤はお肌に悪い界面活性剤やシリコンなどが入っている場合がございます。

 

肌にダメージを与える界面活性剤・シリコンが配合されていない、安心・安全の"稟"オールインワンゲルで無駄毛処理後のケアを是非行いましょう。

 




↑PAGE TOP

2012年11月21日

頭皮のケアは冬も重要!

Posted time: 08:55


頭皮ケアというと、汗をたくさんかく夏のイメージをお持ちかと思いますが、実は冬のケアがとても重要です。

 

夏は、皮脂とともに大量の汗をかくので、頭皮の水分量は多く皮脂が出ても汗と混ざり、さらっとした状態になるのでベタベタはあまり気にならないと思います。

 

ただ冬は、夏のように汗はかかないのですが、皮脂量は年間を通して変わらず変わらないため、ベタベタした状態になってしまうのです。

 

そして、頭皮がベタベタするからといってシャンプーの際、ゴシゴシ洗ったり、シャンプー回数を増やしたりすると、皮脂量が足りないと肌が勘違いし更に皮脂を分泌するのです。

 

また、頭皮のケアをしっかり行っていないとベタつきに加えて、皮脂が原因で、においやかゆみ、フケ、湿疹などが出やすくなってしまいます。

 

頭皮のにおいというのは、毛穴の皮脂がちゃんと取れず時間と共に酸化して発生します。

 

また、毛穴の皮脂が溜まったままというのは、毛穴がつまってしまう原因になります。

 

毛穴が詰まってしまうと皮膚炎やニキビ、そして抜け毛の原因にもなってしまいます。

 

 

では、頭皮のケアはどのように行えば良いのでしょうか?

 

●毎日肌に優しいシャンプーで汚れを落とし、しっかり流す。

 

●油っぽい食事を控える。

 

●睡眠不足やストレスをためない。

 

 

なお、界面活性剤が配合されたシャンプーは必要以上に皮脂が取れてしまい、過剰な皮脂を分泌してしまうため、肌に悪影響を与える界面活性剤を配合しない安心・安全なシャンプーをご使用いただくことをお勧めいたします。




↑PAGE TOP

2012年11月14日

毛穴の大きさは変わるのか?

Posted time: 08:55


毛穴とは、汗や皮脂を分泌する穴をさします。

 

皆様は今までに、「毛穴が広がった」や「毛穴が目だってきた」という言葉を少なからず聞いたり使われたことがあるかと思います。

 

しかし、毛穴の大きさは生まれつき変わらず、毛穴が大きく感じる方は毛穴が開きっぱなしになっているからなのです。

 

毛穴は元々、必要な時に開き、必要で無い時には閉じるのですが、毛穴のコントロールが上手く出来ていないと毛穴が開きっぱなしになってしまいます。

 

また、肌がたるんでくると元々閉じていた毛穴が広がって見えてしまいます。

 

逆に、毛穴を引き締めれば毛穴そのものが小さくなると思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、毛穴自体は小さくはならず、目立ちにくくなるのです。

 

出来れば、毛穴は目立たないほうが良いですよね。

 

 

★毛穴が開きっぱなしになる原因

 

(1)肌・毛穴の汚れが落ちていない

 

(2)肌が乾燥している

 

(3)にきびや角栓を指で押し出している

 

他にも様々な原因がありますが、主に上記に上げたものが多くあります。

 

では、目立たなくするにはどのようにしたら良いのでしょうか。

 

 

★毛穴対策

 

それは、洗顔と保湿です。

 

にきびは毛穴に溜まった汚れが炎症を起こしてしまいます。

 

また、角栓は皮脂と古い角質により作られます。

 

そのため、毛穴を目立たなくさせる為には、洗顔によりお肌を清潔に保つことが必要となります。

 

ごしごし洗う洗顔ではなく泡で優しく毛穴の中を洗うイメージで洗顔を行ってください。

 

 

肌に刺激を与えず、優しくしっかりと洗顔できる"稟"洗顔石鹸にて洗顔し、余計なものが一切含まれていない"稟"オールインワンゲルにて、しっかり保湿をおこない、毛穴対策をしましょう!

 



↑PAGE TOP

2012年11月 7日

冬の乾燥対策ケア

Posted time: 08:55

 

お肌が乾燥する季節になってきましたね。

 

そもそもなぜ、お肌は乾燥してしまうのでしょうか?

 

その原因を考えながら、乾燥対策を見つけていきましょう。

 

 

肌は常に外部からの刺激にさらされています。

 

肌にはこれらの刺激から肌を保護するバリア機能があり、肌の健康は保たれ、潤いを維持しています。

 

しかし、冬の季節は特にこのバリア機能が低下してしまう原因が沢山あります。

 

 

冬は一年を通して一番乾燥する季節ですが、更にオフィスやご家庭で使用する暖房によって、もっと乾燥が進んでしまいます。

 

乾燥によって、バリア機能が低下してしまいます。

 

また、冬は気温が下がって汗をかく機会が減る為、汗と皮脂が混ざり合って出来る天然の保湿クリームである「皮脂膜」が作られにくくなるのです。

 

寒いからといって家事や洗顔をお湯で行ったり、お風呂にじっくり浸かってしまうという、ちょっとした日常生活の行動が肌の潤いを保つ皮脂膜を奪う原因となり、肌はさらにバリア機能を低下させてしまいます。

 

 

乾燥を放置していると、最初は白い粉がふいたような状態になりカサカサしてきます(乾皮症:カンピショウ)。

 

乾皮症になると肌表面にある角質層が乾燥によってはがれ、バリア機能が低下することで、洗剤やアレルゲンが侵入しやすくなる為、痒みが生じやすくなります。

 

そうすると、かゆいから掻く→バリア機能が低下する→ちょっとした刺激にも敏感になり、さらに炎症が起きてかゆみが強くなるという悪循環を起こし最悪炎症を起こしてしまいます。

 

最悪の状態を防ぐ為に、少しカサカサし始めたら、粉をふく前に、"稟"オールインワンゲルで潤いを保ちましょう!

 



↑PAGE TOP

« 2012年10月 | メインページ | 2012年12月 »