ブログ

トップページ > ブログ
2012年7月の記事一覧

2012年7月25日

美肌のために、冷房の使い過ぎは注意!

Posted time: 08:55


本日は、冷房とお肌についてお届けさせていただきます。

 

以前メールマガジンにてお知らせした様にお肌のベストな湿度は60%~65%といわれています。

 

暑くなったこの時期に活躍する冷房ですが、室内の空気を湿度を低下させ、乾燥させてしまいます。

 

そして、冷やし過ぎは体やお肌にも負担がかかってしまいます。

 

そこで、冷房に頼らないで体をクールダウンする方法をご紹介させていただきます。

 

≪火照った体の体温を下げる≫

 

体には体温を下げるツボがありますので、そこを冷やして効率的にクールダウンしましょう。

 

最も効果的なクールダウンの場所は脇・大腿部(太ももの付け根 内側)で、風邪などの発熱時にも効果的で、医師もこの方法をとるそうです。

 

また、脈拍をとれる位置は血管が皮膚に近い部分も効果があり、体の中を循環する血液の温度を下げることによって体温を下げる事ができます。

 

冷やし方としては、氷枕や保冷剤などがありますが、直接肌につけるとお肌を直接冷やしてしまいますので、バンダナや、タオルなどで包んで上記の場所におくと効果的です。

 

また、熟睡することで美肌を手に入れる事ができますが、熱帯夜は寝苦しく途中で起きてしまうことなどもあると想います。

 

冷房を着けたまま寝てしまうとお肌だけではなく、体調にも良くありませんので、最近流行の体感温度を下げるグッズと冷房を上手く活用していただき、睡眠をしっかりとって美肌対策を行ってください。




↑PAGE TOP

2012年7月18日

台湾オフィスのご紹介

Posted time: 08:55


7月13日(金)お陰様で、台湾の事業をスタートすることができました。

 

そして、15日(日)には、早速第1回目のセミナーを開催させていただきました。



台湾イメージ.png


 

本日は、当社の台湾オフィスをご紹介させていただきたいと思います。

 

所在地は、台北駅のすぐそばのとても便利な場所です。

http://goo.gl/maps/4y0J



豐喜傳.jpg


入口を入るとこんな感じです。



豐喜傳ミーティングスペース.jpg


そして、ミーティングスペース。



豐喜傳セミナールーム.jpg


こちらは、セミナールームです。


30名くらいでのセミナーが可能ですよ。



ぜひ、台湾のお知り合いの方をご紹介いただき、日本の皆様もぜひ、この台湾オフィスにお越しください。






↑PAGE TOP

2012年7月 4日

頭皮にカビ

Posted time: 08:55


最近、蒸し暑い日が続いておりますが、この時期汗と一緒に多くの皮脂も分泌されております。

 

そこで、今回は頭皮の皮脂に注目してみたいと思います。

 

 

髪が長い方は特に、頭が蒸れてかゆいなど感じたことはありませんか?

 

頭皮には沢山の毛根があり、長髪の方は風通しが短髪の方よりも悪い為、特にかゆみなど感じやすくなります。

 

このかゆみですが、頭皮のむれが原因のときもあればその他の原因もあるのです。

 

毎日シャンプーしているのに、かさついてかゆい・フケが出るなどの症状があると皮膚炎の可能性もあります。

 

 

皮膚炎の原因は様々ですが、その中で皆様もご存知の「カビ」が原因になっているものもあります。

 

カビといってもお風呂場などに生えるカビとは異なり「真菌(マラセチア菌)」や「癜風菌(でんぷうきん)」という菌があり、頭皮の皮脂腺から出る皮脂を栄養とするカビの一種です。

 

このカビが頭皮で繁殖してしまうとかゆみやフケ、更には脱毛症になってしまうのです。

 

 

カビや皮膚炎を抑える為には頭皮の皮脂バランスとシャンプー後のケアが重要となります。

 

まず、市販のシャンプーは合成界面活性剤が配合され、必要以上に、頭皮の皮脂を取りすぎてしまうのです。

 

先日、「湿度が高くても、乾燥に注意!」というテーマでお肌の皮脂を取りすぎてしまうと皮脂が過剰に分泌されるとお伝えしましたが、頭皮も同じ様に洗浄力が高いシャンプーを使い続けると皮脂が過剰分泌してしまい、カビの栄養を沢山作ってしまうので、アミノ系のシャンプーや洗浄力が強すぎないシャンプーが良いのです。

 

また、暑い時期には特にシャンプー後に髪を乾かさない方も多いと想いますが、湿気が多いとカビの繁殖スピードは早くなってしまい、暑くても乾かす事が重要となります。

 

 

頭皮の蒸れやかゆみが気になる方は適度な洗浄力のある、アミノ系の"稟"シャンプーでしっかりすすぎを行い、髪を乾かして清潔にしましょう!

 

また、シリコン配合のシャンプーやコンディショナーは、皮脂を閉じ込めてしまうため、よりカビが繁殖しやすくなるため、ノンシリコンのものを使用しましょう!

 



↑PAGE TOP

« 2012年6月 | メインページ | 2012年8月 »